2022年09月

こんにちは!ぱんだ組です🐼✨
季節の変わり目で体調を崩す子が増えてくることを予想し、先日、看護師の大古先生の元でうがい指導をしていただきました!今日はその様子をお伝えします♪


「がらがらうがいとぶくぶくうがいはそれぞれいつするんだろう?」という質問に、少し悩みながらも、「公園から帰ってきたら!」「ご飯のあと!」「歯磨きのとき!」と色々な返答をしてくれたぱんだ組さん🐼!
大古先生からのお話の中で、外から帰ったら「がらがらうがい」をすることによって、バイキンが身体の中に入ることを防げることや、ごはんの後に「ぶくぶくうがい」をすることで、虫歯の原因となる食べかすを流せることを学んでいました✨

また、ぶくぶくうがいについては、たことふぐの可愛いイラストを使うことで、口の動きをよりわかりやすく伝えていただき、みんなイラストを真似っこして上手にお口を膨らませる姿を見せてくれました♪

お話を聞いたあとはいよいよ実践!

保育者がまず見本を見せていきます👀✨

「できるかな~?」「やったことない~!」と話す子も、保育者の様子を真剣に見つめてくれていました😊

次は子ども達の番⭐

順番に紙コップを手に取り、行っていきます♪

がらがらうがいでは、子ども達がしっかりと上を向いて行えるように、水道の上にうがいをしている動物さんのイラストを貼っています😊!しっかりとイラストを見ていますね👀💓

こちらも上を見て声を出しながら、がらがらうがいに挑戦!
「上手にできたよ~!」と得意気な様子を見せてくれました⭐


このように、子ども達自身が感染症を防ぐための意識を持てるような関わりを、看護師さんと共同で行っていっています😊うがい指導を始めてから一週間ほど経ちますが、うがいを忘れているお友達に「うがいするんだよ~!」と声を掛けたり、保育者にやり方を確認する子ども達の姿が多く見られます⭐

今後も、絵本やイラストを使った指導を通して、自分の健康や風邪予防に対して興味を持ったり意識することができるような働きかけをしていこうと思います(*^-^*)

シェアする
TOP