2021年11月

こんにちは!看護師です☀




今日は毎月の0歳児健診や全園児健診でもよくみられます肌の乾燥についてお話します!!


お子さんの肌の乾燥は大人と同じく冬がグンと増えてきます(-_-;)

特に子どもたちの皮膚は大人と比べると、とてもデリケートにできているので継続したケアが大切♪

子どもたちの肌がデリケートな理由としては大人に比べて皮脂腺が未熟なため肌の潤いを保つ

皮脂の分泌が少なく基本的に乾燥肌の傾向があるといわれています!!

そんな子どもたちの肌を守るために必要なのは保湿です!


自己判断はせずまずはお医者さんに診てもらうのが一番ですが、

おうちでケアをする時はワセリンやローションなどをたっぷり使用しましょう🌷

保育園ではこちらのベビーワセリンを使用しています。

乾燥でかゆくなってしまった子に使用したり

ささくれが気になって触ってしまう子に

絆創膏と合わせて併用したりしています。


☆保湿のおすすめタイミング☆

・朝おきて顔を拭いた後

・汗やよだれ、汚れなどを拭いた後

・おむつ替え、着替えの際

・お出かけ前

・お風呂から出た後

*必ずしもお風呂から出てすぐに保湿剤を塗る必要はありません。

 1分後でも1時間後でも保湿剤の成分が浸透する時間はそこまで差はないそうです。

 きちんと保湿をするという習慣をつくることが大事です。



保育園ではワセリンを使用していますが、

ベビーオイルや保湿クリームなどご自宅にあるものをご使用ください✨

お母さんたちがご使用されている乳液等はもしかすると子どもには刺激のあるものかもしれないので

低刺激の物をご使用いただければと思います。




保湿はもちろんですが

水分をこまめに取っていくことも大切ですよ!

夏とくらべてのどの渇きを感じにくい冬だからこそ

意識的に水分補給をしていきましょう(^^)/




すべすべもちもちお肌で

みんなが癒されますように💗

シェアする
TOP