こんにちは、つきぐみです。
最近は暖かかったり、寒かったりと寒暖差の激しい日が続いていますね。
引き続き体調管理に気を付けて、元気に過ごしていきたいと思います。


今回はお雛様を作った時の様子をお伝えします。



まず初めに丸型の画用紙に顔を描きました。
日頃からお絵描きを楽しんでいるので、顔を作る時に、目や鼻、口などのパーツを意識して描けるようになってきました。


「どんな顔にしようかな~」

と、わくわくした表情で描いていましたよ。

次にお雛様とお内裏様の着物を作りました。
短冊状の折り紙をはさみを使って切っていきます。
今までは1,2回で切ることが出来る長さでしたが、今回は少し長めの短冊を切ってみました。

「指を切らないように、そーっと、そーっと…」

と、真剣な表情で切っていましたよ。切り終わると

「もうそらぐみさんになるから、簡単だったよ!」

と、誇らしげでした。


次は、細い短冊状の折り紙を輪っかにして球を作っていきました。

潰さないように、力を加減しながら少しずつ球を作っていきました。

出来上がると、満面の笑みの子ども達です!


屏風作りにも挑戦しました。端と端を合わせて丁寧に折っていきます。


最後にすべてのパーツを組み合わせて、完成です!

一人ひとり素敵なお雛様が完成しました。


細かい作業や、たくさんの工程もあっという間に出来るようになり、子ども達の自信に繋がっています。

これからも楽しみながら色々な経験を出来るように、保育の提案をしていきたいと思います。

シェアする
TOP