2023年11月

こんにちは、つき組です。
最近はすっかり気温も下がり、冬が近づいているのを感じますね。
子ども達は寒さに負けることなく、元気いっぱい過ごしています。

今回は、12月にあるおおきくなったねの会で使う、お面作りの様子をお伝えします。


まず、劇遊びでなりきる自分の役の塗り絵をしました。

「私は犬の色を茶色にしようかな。」

「カラフルなキジにしよう!」

と、自由に色を決め、丁寧に塗っていました。





楽しみつつも、とても真剣な表情で、声を掛けても気付かないほど集中している子もいましたよ。


色を塗った後は、顔を描きました。

『物を見るのは何で見るのかな?』

『匂いを嗅ぐのはどこだろう?』

等、保育者の質問に答えたり、鏡で自分の顔を見たりしながら、顔のパーツを意識して描いていきました。

「かわいいお猿さんにするんだ~」

「目をこうやって描いたら強そうな桃太郎になりそう!」

と、一人ひとり表情を工夫しながら描いていました。


完成したお面をつけた姿はこちらです!

お面をつけたことによってさらにおおきくなったねの会が楽しみになった子ども達。

「早くママ達に見てもらいたいなぁ」

「あと何回寝たら、おおきくなったねの会になるの?」

と、ワクワクしながら過ごしています。

シェアする
TOP