こんにちは。ほし組です。

11月ごろから、少しずつ劇遊びをしていました。大きくなったねの会では、「大きなカブ」を題材にした劇遊びを披露しようと考えています。

このお話は、絵本を読むとみんなが大きな声で「うんとこしょー!」と掛け声をしたり、散歩中に大きなカブの歌を歌ったりとみんなが大好きな絵本です。


先日は、大きくなったねの会のリハーサルがあり、初めてたくさんのお客さんの前で劇遊びをしました。今日は、その様子をお伝えしようと思いますが、本番のお楽しみも取っておきたいと思うので、少しだけにしておきますね(*^-^*)

リハーサルの前、「今日はお客さんが、見てくれるんだよ。」とお話をすると「えー!?」と驚いた様子の子どもたち。そして「お客さんがみてくれるなんて嬉しいね。」「お客さんが、楽しい!って言ってくれるといいなぁ~」と口々に話していました。

ひかり組さんの発表を見ると「うわぁ~かわいいね!」「上手だね!」とお話していたほし組さんでした。


リハーサルでは、幼児クラスのお友達がお客さんになってくれたのですが、いざ前に立ってみると大勢のお客さんにすごくドキドキしている様子でした。


まずは、大きなカブの劇遊びです。これが始まると、さっきの緊張はどこへやら。いつもと同じように大きな声で「うんとこしょ~!」「どっこいしょ~!」と掛け声をしたり、力いっぱいカブを抜こうとしたりしていました。

そのあとは、スカーフ遊びです。これは、音楽や声に合わせてスカーフをいろんなものに見立てたり、自由に動いたりして表現を楽しむ遊びです。ほし組の子どもたちの表現は、発想が豊かで、とても面白いんですよ( ◠‿◠ )

当日も、子どもたちの発想やイメージを聞きながら進めていこうと思うので、どんなものになるのかは私たちにもわかりません(笑)

スカーフを使った後は、自分たちで畳んでお片付けをするところも見どころの一つです!

そして、最後はカスタネットを使って歌を披露します。

子どもたち曰く、「カスタネットはカチカチと音がするからおもしろい」んだそうです😆

歌は、子どもたちが「お客さんが楽しい気持ちになると思うから!」と選んだ、♬おもちゃの チャチャチャです。


いざ、歌おうと思ったら「ドングリコロコロが歌いたい!」という子どもたち(笑)

ということで、この日は急遽ドングリコロコロに演目を変更しました!

当日も突然の変更があるかもしれませんね(笑)

お客さんに見てもらい、「面白かったよ!」「かわいかった!」と感想を言ってもらったのがとても嬉しかった子どもたち。今から、来週の本番をすごく楽しみにしています。

おおきくなったねの会当日、普段子どもたちが園でどのようにお友だちと関わっているのか、自分なりの表現遊びを楽しんでいるのかを見て頂ければ嬉しいです!

シェアする
TOP