こんにちは!ひかり組です( ◠‿◠ )

すべり台や室内の階段昇降がとても上手になってきました!
「ワンワンしてね」と声をかけると少し高さがある階段でも上手に昇り降りしています。
段差が低い階段では手すりにしっかりとつかまりながら立って登ることができるようになりました。

なので、戸外に出るときはいつも「すべり台シューする?」といつも聞いてきているんですよ。
すべり台があることを伝えると歩く意欲も湧いてくるようで嬉しそうに公園まで歩いて行っています。

すべり台の階段を登りきるといつもと視界が変わるようでいつも周りを見渡しています。
他の子たちが見えると「おーい!」や「やっほー!」と声をかけて友だちの反応を見るのも楽しんでいます。
お友だちの顔と名前もすっかり一致し、名前を呼び合うことも増え、子どもたちが交流している姿がとても微笑ましいなと感じています。


すべり台を滑ることも慣れてきたようでいつもいろんな滑り方を見せてくれます。
座って滑ったり、腹ばいで滑ったり、時には寝ころびながら滑ったり!?(笑)
階段を登りきるとすぐに寝転がり、寝たまま器用に足を動かして滑り降りていました。
すべり台が大好きな子は何度も何度もくり返し階段を登ったり、滑ったりするのをやっています。


園に戻ることを伝えるとまだやりたいと言う子たちも出てきており、少しずつ自分の意思を言葉や体で大胆に表現する事も増えているなと感じました。
こんな時は、園では「ご飯食べようか?」と声をかけるとすっと泣き止む子が多いです(笑)
たくさん身体を動かした証拠ですね!

子どもたちの気持ちを汲みつつ、次の活動に切り替えていけるようフォローするようにしています。


先日、さつまいもを使った食育を行いました。
最初は「な~に?」と言っていたひかり組さんでしたが、「さつまいもだよ」と伝えると匂いを嗅ごうとしたり、手に持ってじーっと眺めたりしてよく観察していました。


食べ物だとわかるとついつい口に入れようとする子もいましたがおやつでさつまいもが出ることを伝えると、食べようとするのをやめ手でつぶしたりこねたりして遊んでいました。
机の上に置いて手でつぶす子もいれば、両手の間に芋を挟んでぎゅっとつぶす子もいました。
それぞれが好きな触り方をしながらさつまいもにたくさん触れていました。
この日のおやつでさつまいもを使った「鬼まんじゅう」が出たので、さっき触ったさつまいもと同じことを伝えると、「お芋」「おいしー!」などと言いながら喜んで食べていました。

シェアする
TOP