こんにちは!にじ組です🌈

ニチイホーム碑文谷とのZOOMを使用しての交流を繰り返す毎に、子どもたちの中で利用者さんや職員の方々の存在が身近になってきています。ニチイホーム碑文谷で11月8日~2週間程度、文化展という催しをするそうです。絵や書道、手芸など利用者さんが創作したものを展示する期間ですが、そこにそら組、にじ組からも出展をしてほしいという要望があり、今年は参加をさせていただくこととなりました!

どんなものにしようかな~と子どもたちと相談をしている中で、「コロナが広がっているから、おばあちゃんたちはお外に出れないようになっている」という話を職員の方から聞き、「じゃぁ、僕たちは外に行くことが多いから秋のものを集めて見せてあげよう!」ということになりました。

グループで協力をして一つの作品を作る取り組みにし、はっぱを使ってどんなものを作りたいか、グループのお友だちと相談をして決めました。
紙に、下書きをして、色も決めるところまで行いました。


しなずがわチーム…おばけかぼちゃ
いぬチーム…虹と花火
スターチーム…虹
ミックスチーム…魚

を作ります。

公園に遊びに行くたびに、赤、黄色、緑、オレンジなどに色づいたはっぱを集めてきました。
僕たちは、この色をいっぱい使うから、たくさん集めよう!!などとグループの子と協力をする姿もありました。しかし、自然物は扱いがなんとも難しく、赤や黄色の葉っぱは紫外線に弱く、乾かしていた葉が茶色くなってしまったりとアクシデントも。「なんで!?赤いやつを選んでとってきたはずなのに…!!」と。
自然のものって変化していくのが早いんだねぇ…とそんなんところでも自然の不思議さを感じていました。

画用紙を2枚つなげた大きさのものに、自分たちが描いた下書きを拡大して描いていきます。大きな紙に大きく描くということは、子どもたちにしたら難しいことのようです。どうしても小さくなりがちになります。そんなときもグループの友達同士で「ここまで描いて!もうちょっと大きく描けそうだよ!」などと声を掛けをしながら取り組んでいました。

大きく絵を描けたチームから葉っぱを糊で貼っていきます。下書きにて考えた色の葉っぱを選んで、ちぎったり、切ったりとしながら貼り進めていました。
1枚の葉っぱをべしっっと貼り付けたり、赤でも様々な葉っぱを組み合わせたりと性格が出るなぁ…とみていて面白いなぁと感じました。
火曜日にはニチイホームに運び入れてしまうので、文化展から戻ってきたら園でも展示をしますので、お子さんと一緒に見てください(*^^*)

シェアする
TOP