こんにちは!ひかり組です( ◠‿◠ )
気温の高低差が激しいからか咳、鼻水などの風邪症状が出たり、発熱したりしているお子さんが増えています。
朝晩は特に冷え込みますのでお家でも暖かくして過ごしてくださいね。



さて、先日ハロウィンの製作を行いました!
紙皿に様々ブロックでスタンプをして模様をつけました⭐
最近は少しずつ会話が出来るようになってきており、どのスタンプがいいか聞くと「これ!」と声を出して言ったり、指差しをしたりして教えてくれました。
自分が選んだスタンプを繰り返しスタンプをして模様をつけていく事を楽しむ子もいれば、スタンプで出来た形を指で伸ばして形を変化させる子もいました。

今までは手を動かしてスタンプをすることを楽しんでいましたが、今回は一度スタンプをすると紙皿にできた形とブロックの形の両方を見比べ、このスタンプをするとどんな形が出来るのかを考えているようでした。
少しずつ身近にある丸や四角などの形に興味を示している証拠ですね。
様々な形に触れながらスタンプ遊びを楽しむ事が出来ました😊


模様をつけた紙皿にお化けを貼り付けてハロウィンの飾りの完成です👻
もう少ししたら飾ろうと思っていますのでお楽しみに!

最近の戸外の様子です。
ひかり組さんは大きな木の周りによく集まっています。
虫探しや木の皮を剝がしたりするのを楽しんでいましたが、今回は違いました。
木に登ってみようとしたり木の幹の段差を乗り越えようとしたりするのを繰り返し行っていました。


最初のうちは足のみ動かして段差を上り下りしようとしたり、保育者の助けを求め手をつないでもらおうとしたりしていたひかり組さん。
まだまだ体のバランスを自分でうまく保つことは難しいので両手を使い、体勢を低くして段差の上り下りすることを繰り返し伝えました。
こうやって手を使う機会を増やしていく事で、転んだ時に咄嗟に手で自分の身を守ることが出来るようになります。


できない事があった時、挑戦するのを渋ってしまうことがあった時に、自分で助けを求められることももちろん大切ですが、自分自身で出来るようになっていく事もとても大切です。
何事もすぐに手伝ったり、やってあげたりするのではなく、やり方を伝えていく事を大切にしていければと思っています。

木に登りたいけど、出来なくて助けを求めていた子も身体の使い方を教えると自力で少し高いところまで登ることが出来、とても嬉しそうにしていました。
一度自分の力で出来ると保育者に助けを求めることはなくなりました。
それだけ自分の力で出来ることが嬉しいのでしょうね。
私たち自身も子どもの出来た瞬間に立ち会えることはとても嬉しい事です!

腕、足、手などの全身を使った遊びや動きをしていくことで身体の使い方を知ったり、体力をつけていったりできたらいいなと思っています。ひかり組さんと楽しくたくさん身体を動かしたいと思います!

シェアする
TOP