こんにちは!ひかり組です( ◠‿◠ )

天気の良い日は毎日散歩に出かけています!
歩行が安定してきており、少しずつ歩ける距離が長くなってきた子が増えています。
今までは2台のバギーで散歩に行くことが多かったのですが、最近は近場の公園の時はバギーの台数を減らし、歩く機会や歩く子の人数を増やすようにしています。
個々に合わせて片道だけ歩いて公園に行ったり、往復歩いてみたり、ちょっと疲れたらバギーに乗って、他の子と歩くのを交代したりしながら楽しい気持ちで歩けるよう工夫しています。

今日の散歩道では自然と「きらきら星」の歌を一人の子が歌いだすと近くの子が片手をキラキラ動かしながら歩いていました。子どもたちも大人も自然と笑顔になりながら歩くことができました(*^-^*)



先日は滑り台がある公園に行ってきました!
段差が低い階段は手すりをつかまったり、四つん這いになったりしながら少しずつスムーズに登ることができるようになってきました。
今回は長さが短い乳児向けの滑り台をやってみました。階段を登って座ってみたものの滑る勇気が出ない子も…。
滑るときに顔がこわばったり、保育者の手を求めたりする子もいました。
腹ばいになって滑った子は滑り降りたのはいいものの、地面までうまく体を滑らせられずちょっと困り顔(笑)

それでも滑ることは楽しいようで一度滑り終えるとまた階段を登って、滑り台を滑ることを繰り返していました。
繰り返すことで恐怖心もなくなってきたようで笑顔で滑れるようになっていました。
腹ばいで滑っていた子も上手に両手を使って地面に足をつけられるようになり、満足そうな表情を浮かべていました。
自分の力で滑れた喜びを感じ、園での活動の楽しさを感じてくれた瞬間だったなと感じました。
喜びや楽しさを実感する経験を積み重ねていき、できることを増やしていければと思います!

保育者が話す言葉の内容を少しずつ理解できるようになってきているので滑り方はだけではなく、
遊具を使う上で順番に守ることなど簡単な約束事も経験を重ねる中で少しずつ伝えていきたいと思っています。



最後に高いところに登って柵のところから顔を出すこともとても喜んでやっていたので記念にパシャリ📸
いつもとは視界が変わって見えたでしょうね♪

シェアする
TOP