こんにちは!つき組です🌙
以前、平均台渡りをした様子をお伝えしましたが、その時よりさらにレベルアップしたつき組さん。今回はどのような渡り方に挑戦したのでしょうか?子どもたちの真剣な表情をご覧ください♪

今回は、あえて台を低くし、一人で渡れる自信をつけられるようにしました。そのため、恐怖心が少なく、「手を貸して」と言うことなくすいすいと渡っていました!足を縦に置きながら歩くことも上手になっていました☆

そして、今回はもう一本同じ高さの平均台を用意し、二本目は好きな渡り方をしてもらいました。
横向きで歩いてみたり、全身で台にしがみつき、手足を動かして進んでみたりと、思い思いの渡り方をしていたつき組さん。全身で進む際は、台を木に見立て、木を登っていくカブトムシになりきっている子もいました。「あそこに樹液があるぞ!」と言いながら、ゴール地点に樹液があることを想像したり、「下に落ちたらワニに食べられちゃう!」と気分を盛り上げたりしながら楽しんでいました(^^♪
同じ渡り方でも、カブトムシではなくセミやクワガタになり切っている子もおり、それぞれ、自分の中でのイメージを膨らませていたようです。何度も繰り返しているうちに、子どもたち同士で何の生き物になり切っているのかを認識するようになり、「○○(←名前が入ります)セミが来たぞ!」「○○カブトムシに追いつかれるぞ!」等言いながら盛り上がっていました(*^-^*)
とっても楽しそうに渡っていた子どもたちですが、これが意外と難しく、台から落ちないよう手足でしがみつきつつ、バランスを取り、さらに手足で台を押して進んでいかなければなりません。最初はゆっくりと慎重だったのですが、コツを掴むとすいすい進んでいくことができていました☆

平均台渡りは、運動会の動画配信でも取り入れる予定ですので、ぜひ楽しみにしていてください!

シェアする
TOP