カテゴリー:にじ組

こんにちは!にじ組です🌈

今日は、林試の森に行ってきました⭐久々に曇りで気温もそこまで高くない…今日は、ちょっと遠くまで久しぶりに出かけられそうだね!と出発しました!

林試の森に着くと、担任と同じエプロンの先生を発見。どの公園でも、同じエプロンの先生の周りの子には「さくらさくなの~?」と話しかけたりとしている子どもたちです。なので、今日も「同じエプロンだね~」と話していると、さくらさくみらい目黒の5歳児(きりん組)でした!!担任同士が顔見知りで、「コロナが落ち着いたら交流したいね~」と話しており、にじ組にも「コロナが落ち着いたら、他のさくらさくのお友だちがみんなに会いたいって言っていたよ~」と前々から話していたところ、今日の遭遇だったので、ちょっとだけ遊んじゃおうか…と(*^_^*)


林試の森の中の橋の上で止まっていたきりん組に合流したのですが、何していたかと言うとなんと、ナナフシを見ていました!!本物のナナフシを見るのは初めてだったのか?ものすごい興奮で食い入るように見ていました👀
きりん組は昆虫の本を持ってきていたので、一緒に見せてもらい、「このナナフシはメスだって!!」と子どもたち同士で盛り上がっていました♪

広いグランドに移動し、15分だけ一緒に遊びました。
ドッヂボールを持って行っていたので、みんなが出来るビリビリゲーム(中当てドッヂ)をしてみることに。「きりん組はきりんだから絶対背が大きくて強い」と言っている子もいて、クラス名ってそんな風に思う要素でもあるんだなぁと感心しました👀「でも、にじ組は虹色でカラフルだから、黄色だけのきりんには負けないんじゃない?」とそら組の担任が言うと「そっか~!!!じゃぁにじ組の勝ちだ」となぜか納得(笑)そんなところはまだまだ単純で可愛い所ですね♡

さて、グランドではまず名前が分からないと!ということで自己紹介をしました。同じような名前の子がいると「おそろいじゃ~ん!」「似てるね~」とひと盛り上がり♪日頃はおしゃべりなにじ組さんたち、人前に出るとガッチガチに緊張するタイプなのですが、今日はなぜか全然大丈夫!!張り切って自己紹介をしていました。



自己紹介がおわり、ビリビリゲームをしよう!となった時に、チーム分け…どうする?と担任同士で話していると、「にじ組さんときりん組さん、一緒のチームになりたい!」と子ども達から提案があったので、グッパーでチーム分け。一緒のチームになった子同士、「○○だよ!よろしくね!」と再び自己紹介タイムが始まっていました。

1回戦は、なんと、ボールに当たらなかった子はにじ組の2名のみ!!「え~!どっちもにじ組さんじゃん!」ときりん組の子は驚き、にじ組の子はちょこっと鼻高々✨もう一回したい~~!!となり、2回戦目。結果は、きりん組も残る子がでてきた!!となると「きりん組…1回目は誰も残らなかったのに、2回目は残った!!すぐに強くなる人たちだ…!」と焦りの表情😂きりん組の動向に一喜一憂するにじ組でした。

最後に、ひろ~~~~~いグラウンド内を、端から端までダッシュ💨!!!!
長い距離でしたが、きりん組に負けじととても真剣な顔で走る子ども達でした!!

下の画像は、スタートとゴールの位置から撮った写真です。これでも近くなってきて撮ったものですが、実際はもう少し長い距離なのでした!!

たった15分ほどの交流でしたが、同級生の存在はかなり大きかったようで、次に遊べる時には何をしたいかの話で帰り道は持ち切り!!縄跳び、まだやったことないって言ってたから見せたい、教えてあげたい、靴取り鬼したい、ドッヂボールしたい、鬼ごっこしたい…など、やりたいことがわんさか出ていました。
そして、何やりたいか、いつ会えるか、お手紙書くね!!と子ども達で約束までしていました。名前忘れないように…と「何て名前の子がいたっけ?」と復唱している子もいました。

にじ組の子どもたちの中には、きりん組がとても大きな存在になったようです。目黒園の子どもたちの中にも、にじ組の子の存在が大きく残ってくれるといいな~と思いながら、子ども達の話を聞いていました。コロナ禍で、普段一緒にいない人とは距離を取って、関わってはいけません。というような状況下ですが、やはり子ども同士でしか感じることが出来ない刺激もにじ組に体験させてあげたいなぁと強く感じました。もう少し状況が落ち着いたら、また交流をしたいなぁと思っております☆彡

シェアする
TOP