カテゴリー:にじ組

こんにちは!にじぐみです🌈

本日は、楽しすぎたテットー広場での様子…かと思いきや、写真の図鑑に載っているのでもアウトなくらいのカエル恐怖症な担任が行かなかったせいで本日のブログは他のネタとなります😅すみません…😅
4歳担当の時に、たっっっっぷりとお伝えさせていただきますm(__)m

さて、本日は、初めて3~5歳合同で朝の会をした時の様子をお伝えします。
朝夕は毎日3学年合同で過ごす時間もありますが、子どもが増えてくると3歳はつき組のお部屋へ帰ります。朝夕に、お茶を入れてあげたり、一緒に遊んであげたりとする中で、時折「あ~お姉さん(お兄さん)って大変~~~」と言っている姿もあったにじぐみさん。お世話をしてあげるって、優しさもいるし、根気もいるし…と身をもって大変さを体感しているようです(^▽^;)

「そらぐみさんは、話聞いてくれるんだけど、つきぐみさんはぜんぜん話聞いてくれない~~~💦」と言っていたりとする中での朝の会でした。
お当番さんは、一人ひとりお名前を呼んで体調確認をしたりとするのですが、呼んでも恥ずかしくてお返事をしてくれなかったり、思っていた答えが返ってこなかったりと反応も様々で、いつもと違う様子にドギマギする様子もありました。

名前はわかるけれど…苗字はなんだっけ…?となることも多く、ひとつひとつ確認しながら。でも、このような経験を通して、名前を覚えたりと関わりが深まっていくのですね( ◠‿◠ )

シール帳にシールを貼ることも「ここだよ~」と教えてあげたりと、朝の会が終わった後は、いつも以上に「はぁ~~~~~~」とお疲れの様子でしたが、これからも繰り返しこのような時間を作って、年下の子との関わりが大変なことではなくなるようにしていきたいなと思っております☆


この日は、4.5歳児が植えたピーマンを楽しみすぎてもう収穫をしちゃった3歳児の子に、とったピーマンの匂いをかがせてもらったりとしました。誰一人、「なんでとっちゃったの!?!?」と言う子もおらず、「いいよいいよ!つき組さんはいつとるか、まだわかんないもんね!しょうがないよ!」と優しい言葉もかけてあげていました💕

シェアする
TOP