カテゴリー:にじ組

こんにちは!にじ組です🌈

キュウリやピーマンに続き、先週末にトマトを植えました🍅
今年は2種類のトマトの品種があり、「りりこ」か「こあまちゃん」のどちらを保育園で育てたいかを決めて1品種植えました。

主任の先生が家庭菜園が得意なので、植え方を1から教えてもらいました。苗を実際に見ながら、「ここを持って…」などとやり方をしっかりと覚えます。が…やはり毎日している事ではないからなのか、なかなか頭に入らず…💦
話を聞き終わってから、担任が、「やることが5個あったね。1つ目は…?2つ目は…?」と聞いていきますが「えーーーっと…(-_-;)」と出てこない子がたくさん…💦やることは、支柱の後ろに苗を置く、支柱の前に穴を掘るなど簡単なものばかりのはず…(^-^;

話を聞いて、覚えるということも今年のにじ組の課題だなぁとも思っております。お家でも、人の話をしっかりと聞く、言っていたことを覚えようとすることを生活の中で親子でもやっていただけたら、小学校進学時に安心要素が増えるかと思います😃


さて、主任からの話を聞いた後は、苗植えに挑戦!!
一人ずつ、スコップを持って、くじ引きで決まった自分の番号がかいてある支柱の前で、先ほど教えてもらった順序で植えていきます🌱

先日、ピーマンなどを植えた時にもスコップの使い方を教えてもらったので、「もうできるよ~」と張り切っていました✨なので今回は、穴を掘るのはお見事!!サクサク~と掘っている子が多くいました!!
自分達は、トマトちゃんのお父さんお母さん。大切に大切に育ててあげるってどういう事だろう?生き物でないモノに優しくするってどういうことだろう?と考えながら進めていきましたが、優しく土をかけてあげたり、お水もゆっくりと茎の方に向かってかけてあげたりと丁寧にすることが「お父さん、お母さんみたいに育てるってことなのかも…!!」と子どもたち自身が気付いていっているような会話も聞く事ができてうれしかったです( ◠‿◠ )

植え終えると、もう一仕事。前回のブログの時にも書いたと思いますが、今年もコロナの影響で地域交流ができない分、トマトの苗をお裾分けして、その生長報告のお手紙交換ができればいいね。といっていたので、区立第三碑文谷保育園・区立大岡山保育園・ニチイホーム碑文谷・平町児童館へ苗のお届けに行きました⭐
平町児童館の館長さんは、みんなが園の花壇に苗を植えているところを環七通りを通っている時に見て、わざわざ
保育園まで見に来てくれたので園前で渡しました😊

大岡山保育園の年長は「ぶどう組」第三碑文谷保育園の年長は「かぶとむし組」という事も聞いてきたり、大岡山保育園はちょうどお散歩から帰ってきた年長児に会え、子ども同士で苗の受け渡しをできました。他の保育園は、年長さんたくさん居た!!!と圧倒されながらも、「これ、トマトが生るから大切に育ててみてね!!」「「リリコとこあまちゃんって名前のトマトだからね!」と少しだけ会話もしました♪

コロナが無くなったら、大岡山保育園とか第三碑文谷保育園とドッチボール大会やりたいね~と話をすると、あっちの保育園はお友達がたくさん居たからドッチボールが強い子もたくさんかもしれない…!!沢山練習したい!!」と思いがけないところもやる気満々になっていました(^○^)

シェアする
TOP