2021年01月

こんにちは!ほし組です☆
最近のほし組さんは、お散歩のペースが少しずつ上がってきて、たくさん歩いても“まだまだ元気いっぱい!”な様子なので、今までより遠い公園まで行って遊んでいます。
先日は、清水池公園に行きました!出発前に、「これから行く公園は遠いから、たくさん歩けるお兄さん・お姉さんしか行けない、特別で楽しい公園だよ!」と伝えると、「早く行こう!」「たくさん歩ける!」と大張り切り(^O^)
しっかりお友だちと手を繋いでスイスイ歩き、25分ほどで到着!もう少しかかるかな、途中で体力がなくなったら田向公園に変更するか…などと色々と考えていたのですが、全く疲れることなく歩いていて驚かされました☆

大きな池を見ると、「お魚さん、いるのかなぁ?」と興味津々で覗きながら、遊具の方へ♪
高い滑り台や大きなアスレチックがあり、一目散に駆け寄っていました。
あ兄さん、お姉さん気分で歩いてきたので、「お姉さんだから出来るんだ~」「お兄さんには簡単だよ!」と得意気にアスレチック遊具にも挑戦していました。しかし、ロープを使っての斜面登りは難易度が高かったようで、その自信は見事に打ち砕かれ…1回やってみた結果、みんなが、「これは、もう少しお兄さんお姉さんになってからやろうかな…」と言っていました。世の中には色々なものがあることに気づいた一瞬だったのかもしれませんね(笑)

はしごのぼりはみんなお得意。「これは出来るもんね~」とスイスイ登っていきます。
しっかりと足元も手元も見ており、手と足の協応作業が出来ています!素晴らしい!
登りきると、斜面のぼりの時とはうってかわって「さすがでしょ?」とアスレチックの上からドヤ顔を覗かせる子ども達でした🤣

アスレチックを一通り満喫した子ども達が次に目をつけたのは、夏になるとじゃぶじゃぶ池になる場所です。大きな魚の絵が描いてあり、瞬く間にごっこあそびへ!
「大きい魚がいるから、食べられないように気をつけて!!」と一人が言うと次々にその世界観へ入り込み、みんなで魚に食べられないようにしながらも逃げたり跳んだり。食べられているつもりになって「あぁぁぁ~助けて~」という子がいれば、みんなで助けに行ったりととても楽しんでいました♪正直、アスレチックよりも長い時間魚で遊んでいました。清水池といえば大型アスレチックと思っていただけに、あれ?と担任2人で拍子抜け(笑)しかし、クラス全体であんなにも楽しそうにしていたら、遠い公園まで足を運んでよかったなぁと感じました♩

そして、今日は、清水池公園よりもう少し先にある清水町公園に行っていました。先日、清水池公園に行った際に、3~5歳児クラスの子ども達が「ほし組さんが清水池公園に行くって言ってたから、無事に着いたか見に来たよ~!私たちはもっと遠いチョコ公園(清水町公園の別名)まで行くからバイバ~イ!」と寄ってくれたのです。その時に子ども達は、「…お姉さんしか行けない公園がまだほかにもあるらしい…」「チョコ公園なんて美味しそうな名前の公園…」ととても興味を持っていました。

なので、清水池公園の記憶が薄れる前に…と思い本日出かけてみました。

清水池公園を通ると「あ~~!!ここ行ったよね!!」と大歓声が上がり、「また行こうね!!!」と強く強く念を押されました(笑)
通り過ぎると未知の世界。「もうちょっと?」「ここ、曲がる?まっすぐ?」などと道のりを聞こうとしている子が多くいました。元々、チョコレート工場があった場所に建った公園なのでチョコ公園というようですが、ほし組はチョコが食べられる公園だと思っていたようで、「もうすぐなのに、チョコの匂いしないじゃん~なんで~」と話していて笑ってしまいました🤣

到着してすぐに、大きくて広い滑り台に釘付け!
キャ~キャ~と大笑いの子ども達でした!最初は「怖い~一緒に来て~」と言っていた子もいましたが、1回滑ってみると余裕!!一人で行ってくる~!と駆け出して行っていました🌟

最初は座って滑っていた子ども達も、どんどん進化していき色々な体勢で滑り出します…😆
迫力を求めまくるほし組さんでした…(笑)
清水池公園や清水町公園など、少し遠い公園にもどんどん出かけて、体力と何でも出来るんだという自信をつけて3歳児クラスへ進級できるようにしていきたいなと思います🌟

シェアする
TOP