2021年01月

こんにちは!ひかり組です。

大人の言動をほんとうによく見ている子ども達。
保育者が、トランシーバーを使い、やりとりをしているのをよく見ているので、トランシーバーから声が聞こえると、そちらに向かって「りょーかいでーす!!」と言う姿がとてもかわいらしいです😊

先日、外遊び中にお友だちが転んで泣いてしまいました。すると、数名のお友だちが集まってきて、「大丈夫?」「いたい、いたい」「泣かないで」と声を掛けながら頭をなでてあげる姿が見られました。
お家の方や、保育者、上級児に言葉をかけてもらった経験から、お友だちの気持ちに共感する優しい気持ちが育まれていくんですね。泣いていたお友だちもすぐに泣き止んでまた遊びに戻っていきました。

お友だちとの関わりがこれからどんどん増えていく中で、他者を思いやる気持ちが沢山持てるといいなぁと思っています!

さて、最近は戸外遊びもパワーアップしてきました。
歩いたり探索をすることがメインだったのが、遊具で体を動かしたり、砂場でおままごとをするなど、目的を持って遊ぶようになってきています。

この球体の遊具、子ども達にとって渡ることはとっても難しい遊具です。
このお友だち、最初は登るので精いっぱい。隣の球体に手をかけて登ってみたり、足を載せる場所を変えてみたり。落ちても落ちても、チャレンジし続けていました。すると、なんとか、自分の力で上に立つことに成功☆彡

終わりにするかと思いきや、今度は隣の球体に渡るチャレンジ!諦めない気持ちが本当に素晴らしいですね!



お砂場では、カップとスコップを器用に扱えるようになりました!アイスや好きなジュース、たこ焼き屋たい焼きなどお家で食べたものを再現するお友だちが多いです。

おままごととは違い、砂場では子ども達の想像力で何にでも見えるのがいいところです!



「お友だちと一緒に」という場面がたくさん見られるようになってきたひかり組。
これから、どんな関わりを持っていくのか、とても楽しみです☆

シェアする
TOP