2020年09月

こんにちは!ほし組です☆

猛暑が続いていた夏が終わったとおもったら急に朝晩は寒くなったりと衣服調節が難しくなりましたね💦
保育園で過ごす日中は、戸外に出るとまだまだ汗をかいている様子もありますので、半袖で過ごしています。夕方、寒くなってきたら長袖に着替えていますので、半袖も長袖も準備して頂けるとありがたいです。

さて、今日のブログは運動会でお見せしようと思っている体育遊具を紹介します☆

昨年の運動会は、親子での参加をしていただきましたが、今年からは子ども達だけで参加をしてもらおうと考えていました!そして、体育遊具も幼児っぽくなって、昨年との成長の差がくっきり出ると思います😳

まずは、はしご渡り!
巧技台の台とはしごを組み合わせて遊具を作ります。高這いの姿勢ではしごを登っていきますが、手をつく棒と足をつく棒の両方を確認して進むのはなかなか難しいのですが、上手に進んでいましたよ☆

最初は、どの順で手足を進めればいいのかわからない子もいましたが、「手、手、足、足」と順番を伝えていくとコツをつかんだようでスイスイと登り始めていました。
「ちょっと怖いかも~…」とやる前は尻込みしていた子も、やってみると「簡単だった😮」と逆に驚いている子もいました😂

お次は、飛び石の遊具です♪

足場の悪いところでもバランスをとって進めるようになってきました。富士見台公園にも飛び石があり、そこを通って築山に行くことがとても楽しいようなので、体育遊具でも再現できたらな…と思っていました!

ひとつずつになっている飛び石は、月齢によって、ぴょんと飛んで渡ったり、歩いて渡ったり、飛び石から一度降りて次の石へ登って…と繰り返しながら進んだり…とその子によって様々です。

スロープのようになっているものは、簡単簡単♪と余裕の表情☆
あまりにも簡単そうなので、2つならべて難易度を上げるほどでした😅

もう少し遊びこむとまたまた難易度を上げろ!と子ども達から要求が来そうな予感です😳
運動会の動画配信ではまた違った姿が見られるかもしれませんので、楽しみにしていただけたらと思います☆

シェアする
TOP