2020年09月

台風が近づいてきて少しずつ雨風が強くなってきましたね。
お気をつけてお過ごしください。


今日は幼児クラス合同で交通安全教室を開きました!
例年、碑文谷警察からお巡りさんに来ていただき、交通ルール等について教えてもらっていたのですが、今年度はコロナウイルスの影響で実施できていませんでした。
警察署の方が交通安全についてのDVDを送ってくださったのでみんなで観ることにしました(*^▽^*)

まずは信号の見方や横断歩道の渡り方などをクイズを交えながら知識を深めていきました。
とても楽しそうに参加していましたよ。DVDの女性の警察官が話をするたびに元気よく返事をしたり、手を振ったりしている姿がとても微笑ましかったです(*´ω`*)

信号が青でもどうして急いで渡ってはいけないのか?どうして横断歩道は手を挙げて渡らないといけないのか?
などをDVDや話の中で学んだのでよかったらお家でもお子さんに聞いてみてくださいね☆

その他にも自転車の正しい乗り方についても教えてもらいました。
にじ組さんは補助輪なしの自転車を乗っている子もいるようですね( ◠‿◠ ) 自転車走行は歩行よりもさらに危険が多くなります。
今後乗る機会もどんどん増えていくと思うので今日の話を思い出しながら十分注意して乗ってほしいと思います。

その後は室内の床に手作りの横断歩道を敷いて、実際に渡る練習をしてみました(^O^)
「にじ組さんがちゃんと出来るところをみんなに見せてあげなきゃだよね!」と、頼もしい言葉が出てきたのでまずはにじ組さんから!
一つひとつの手順がとてもスムーズ!とても頼もしい姿をいろんな子たちが見せてくれました✨

お次はつき組さん🌙
1人で渡るのは少し恥ずかしい…とのことだったので、にじ組さんにパワーを分けてもらうことに( ◠‿◠ )
お兄さん、お姉さんに優しくどうやって渡るかを教えてもらうと、嬉しさと自信が出たようでつき組さんも堂々と渡っていましたよ!
1人で渡る堂々とした姿を見せてくれた子もいました(*´ω`*)

そら組さんはにじ組さんと同様一人ずつ順番に渡っていきました。
DVDで観たことを思い出しながらしっかりと渡っていました。中には大勢の前で一人で横断歩道の前に立ち、渡ることに緊張する子も。ドキドキしながらもその緊張感に打ち勝ち歩く姿はとても素敵でした。



小学生になると子どもだけで登下校することも増えてきます。
少しずつ交通ルールを意識したり、実施したりすることで、自信をもって守れるようになってほしいと思います。

シェアする
TOP