今年度、ぞう組最後のブログとなりました。

いつも元気いっぱいのぞう組。遊んでいる中で、お友達とぶつかることもありましたが、毎日楽しそうに過ごしているぞう組を見てとても嬉しい気持ちになりました。

運動会ではパラバルーンを行いみんなで協力することの大切さを知り、発表会では自分の役に責任を持ち、みんなで作品を作り上げることの楽しさを知ることが出来たように思えます。

また、異年齢での散歩や食事を行っていたこともあり、年上としての自覚が少しずつ出てきていました。今では、ファスナーがなかなか上手く出来ないお友達を手伝ってあげたり、ぱんだ組の泣いているお友達に対して優しく声を掛けてあげたりする姿が見られるようになりました。

4月からはきりん組。年長児として引っ張っていってくれる存在になってくれることを願っております。

1年間日々の保育に、ご理解、ご協力してくださりありがとうございました。

シェアする
TOP