こんにちは!調理室です👩‍🍳



今日はぱんだ・ぞう組で「お米ができるまで」について
食育を行いました🍚



写真のパネルを用意してお米ができるまでの様子を
みんなで1つずつ確認していきました👆✨



「お米がどこでできるか知ってる?」と質問すると

「あっち!」と方向を指差しながら教えてくれる面白い答えも返ってきました😁

「田んぼ!」と正解もすぐに出てきました😉✨


実際に田んぼを見る機会は東京では少ないと思いますが、
絵本などで見て覚えてくれていたようです🌱



1つの稲穂から取れるお米の粒は60~80粒と言われています。
そこでクイズを出してみました。

お昼ごはんで食べている白ご飯のお茶碗には
お米が何粒はいっているでしょうか?


「いっぱい!」や「このくらい!」と✋✋両手を広げて答えてくれたり、
「12個!」など具体的な数もでてきました😁



正解は約2000~3000粒です!


「いっぱいだね!」と驚いている子どもたちでした😊


最後に用意していた白米と玄米を実際に触ってもらいました♪



小さいお米の粒をじっくり観察する子や、たくさん手に取って
感触を楽しんでいる子など反応は様々でした😊


「茶色いお米食べられるの?」という質問もありました😋


諸説ありますが、腸内環境が整いしっかり噛むことが出来る
3歳ごろから食べられると言われています。


ぱんだ・ぞう組の年齢だとチャレンジしてみても
いいかもしれません😊🎵



たくさんの時間をかけて大切に育てられているお米だから
1粒1粒大事に食べようね!とお約束して終わりました🎶

今日のご飯はピカピカでした✨
お米だけでなく他の食材も大事に食べられるように
今後も食育を通して伝えていきたいと思います🥰

シェアする
TOP