今回は10月に行った総合避難訓練と11月に行った洪水避難訓練の様子をお伝えします。

最初は総合避難訓練です。

地震から火災が発生を想定し、園庭に避難しました。
今回は消防署の方がいらしてくださり、避難の様子を見て頂きました、

先生から「お・か・し・も・ち」の話を聞きました。


「『お』は何ですか?」と先生が尋ねると
「おさない~!!」と元気な声で答えてくれました。

消防署の方が「みんなとても上手に避難できましたね。」と
褒めてくださいました。

火事の時は「煙が怖い」という話も教えてもらいました。

次は消火器を使った消火訓練について話を聞きました。

今度は実際に先生が説明を聞きながら消火訓練を行いました。

「せんせいがんばって~」と熱い声援の中、
無事に消火訓練をしました。

部屋に戻ってからAEDを見せてもらい、説明を聞きました。

「なんでお人形がいるんだろう?」と不思議に思いながらも真剣に話を聞いていました。

いつもより長い時間の訓練でしたが、みんな真剣にしっかり参加することができました。

消防署の方、ご指導ありがとうございました。



次は洪水時避難訓練です。

隣の小学校の最上階まで避難する練習をしました。

0.1.2歳児は校庭を通り、入口までの訓練としました。

0歳児も1歳児も泣かずに訓練に参加することができました。


3.4.5歳児クラスは小学校の階段を使って、4階まで上がりました。

一列になって、静かに4階まで上がり、帰りも上手に降りることができました。

無事に洪水避難訓練ができてよかったです。

近隣小学校の皆様ご協力ありがとうございました。

シェアする
TOP