こんにちは!調理室です😊

今日は、どの世代でも不足しがちな“鉄分”についてお話します!


鉄分は赤血球の一部として、体内で酸素を運ぶ、重要な役割を担っています。
不足すると、脳へ酸素がいきわたらず、認知能力や学習能力、記憶力の低下や周囲への無関心の原因になることも💦
乳児期の鉄分不足では、わずかな刺激で泣いてしまうようになったり、注意力散漫もよくみられます😨


ただ、食事から鉄分をとるのって難しいですよね😥


そこでおすすめなのが“厚揚げ”や“がんもどき”です!

含まれているのは、レバーなどに含まれるヘム鉄に比べ、吸収率の低い非ヘム鉄ですが、動物性のタンパク質や、ビタミンCと一緒に摂ることで吸収率が上がります✨


小松菜と一緒に煮びたしにしたり

ひき肉と一緒にそぼろあんかけにしたり

豚バラ肉とみそ炒めにしても◎

主菜にも副菜にも使えて便利です!



下処理が大変なレバーは、調理済みのお惣菜や缶詰を利用するのも一つの手です👆

味が苦手なお子さんには、お惣菜の焼き鳥や、甘辛煮をペーストにしてカレーや麻婆豆腐、ミートソースに入れてあげると食べやすいですよ😊



食事作りの負担が少しでも減りますように!!


シェアする
TOP