秋もすっかり深まりたべもののおいしいきせつになりましたね。
今日は秋の味覚の代表 さつま芋のおはなしをします。

さつま芋にはセルロースという植物特有の不溶性食物繊維が多く含まれています。  
このセルロースが腸の動きを活発にしてお通じがよくなります。

最近は子供の便秘ももよく聞かれます。
おなかが張って辛そうな時は試しに食べさせてあげてみて下さい。
(食べすぎには注意してくださいね)

保育園でも先週は焼き芋、今日ははさつま芋おにぎりとしておやつに登場しました。

ぱんださんでは食育として自分でおにぎりをにぎりました。 

週末には幼児組さんがさつま芋掘りに出かけます。堀ったさつま芋はぞう・きりん組さんが洗う予定です。

その様子はまた後日ご紹介します✨
お楽しみに!

シェアする
TOP