こんにちは!調理室です。

本日1月7日は、七草の日です。

七草の日の朝には新年の無病息災を願い、春の七草を使ったお粥を食べる風習があります。

お正月のごちそうで疲れた胃腸を休めるのにもぴったりです。

さくらさくみらい護国寺園では、春の七草のコーナーが作られています!

「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ
これぞ七草」

古くからうたわれてきた有名な春の七草の句は、子どもの頃に覚えた方も多いのではないでしょうか。

七草コーナーでは、本物の七草を飾って紹介しています。

普段は見慣れない春の七草に、子ども達も興味津々で触れたり、匂いをかいだりしていました。

そんな七草にちなみ、おやつは七草粥です!

七草とお米を出汁で炊いて、お鍋でコトコト煮込みます。

お正月明けにぴったりな、やさしい味に仕上がりました。
(きょうのおやつは七草粥の他にバナナもついています)

子ども達は「おいしい!」「葉っぱの味がする!」といって、とても良く食べてくれていました(*^-^*)

食べたお皿もぴっかぴかです☆

シェアする
TOP