採用グループの村中です

突然ですが、当社は現在『繁忙期』にあたります

月並みですが、心がなくなると書いて忙しい
それが”繁”=むやみやたらと多い
心を失い続けることが多い時期・・・

皆さまは、心に余裕がない時にどんなことをしていますか??

私は映画を観て気分転換をしています

昨日『ひかりの歌』という光が題材の短歌が原作となった短編集を鑑賞してきました

原題の詩とてもすてきな詩だったのでぜひ紹介させてください

『反対になった電池が光らない理由だなんて思えなかった』
『始発待つ光のなかでピーナツは 未来の車みたいなかたち』
『自販機の光にふらふら歩み寄り ごめんなさいってつぶやいていた』
『100円の傘を通してこの街の看板すべてぼんやり光る』


映画の内容ですが、この4つの詩が元となり、詩に対し4人の女性の生きざまが肉付けされていきます



旅する恋人の無事を願う人、
仲良くしていた人から好きだと想いを伝えられたが応えることができない自分に苦しむ人、
亡き父の歩んできた道を旅する人、
失踪した旦那を家でずっと待つ人、

それぞれに想う人がいるということを、写真のように鮮明に切り取ったような映画でした


繁忙期・・・
職場や周りの人のことをいたわったり、
家族や友人など大切な人の健康と幸せを願ったりと、
忙しいことを言い訳に大事なことをおろそかにしてないかな?
と振り返るいい機会になりました!


ちなみに、
落ち込んだときは吉本新喜劇
観たら10秒で元気になれます
オススメです

ありがとうございました

シェアする
TOP