もーいくつ寝ると お正月~


早いもので今年も残すところあと2週間。

あっという間でした。




今年は冬が来ないんじゃないのかと思いましたが、来ましたね。

寒いのは苦手ですが、冬は好きです。
















こんにちは。中山です。



昨年の秋に紹介した「ANAの気づかい」に続いてANAシリーズ第2弾を紹介したいと思います。


前回の「ANAの気づかい」はコチラ↓↓↓

https://ameblo.jp/blossom-sakura39/entry-12309160202.html?frm=theme




すぐに取り入れられるような内容が盛りだくさんなのでオススメです。




気になった内容を一部ですが紹介します。














★「自分以外は、みなお客様」

経営危機の時に取り入れた社会顧客の概念にANAの組織のあり方が凝縮されている。
お客様が社内にもいると考えるだけで、仕事のやり方が変わる。







★「小さいことほど丁寧に当たり前のことほど真剣に」

仕事は基本が大切。日々の仕事で、小さな作業や繰り返し作業に心を込めて取り組むことの積み重ねが、
信頼される人をつくり、信頼される組織をつくる。








★「チェックはダブルでもトリプルでもなくセルフ」

その作業に最も熟知しているのはその作業をした人である。
作業者本人が責任をもってチェックすることにより人任せによるエラー要因をなくす。








★「仕事は段取りが八分」

仕上げなどの作業を行う前段階の「段取り」や「準備」はとても大切。
必要なものを揃え、念入りな打合せをして、各作業者の作業を同期させていく。







★「いいことはみんなの前で、アドバイスは個別に」

「褒める→認める→がんばる」の好循環で、相手のモチベーションを高める。褒めるときは大々的に。
逆にアドバイスしなければならない場合は個別に、相手を尊重しながら。







★「どうしてしうしたの?」「あなたはどう思う?」

一方的に指摘するのではなく、指示や命令、注意をした後は、必ず相手に「なぜそんなことをしてしまったのか」
理由をしっかり聞く。








面白い。







では。また。






















シェアする
TOP