さくらさくほいくえんの保育


さくらさくほいくえんの保育方針

「子ども達に愛情を注ぎ、養護、保育、教育を行っていく。
子ども達が安全に安心して暮らせる環境を提供する。」

脳が急速に発達する乳幼児期には愛情を注ぐ事が大切です。
そして子ども達が保育士達を信頼し安心して暮らせる環境作りこそがよい保育をするための基本であり一番重要な事であると考えます。

さくらさくほいくえんの保育目標

「心身ともに強い子ども」
「明るく元気な子ども」
「考える力をもつ子ども」

子ども達の明るい未来の為に、さくらさくほいくえんが出来る事、繋いで上げられる事を精一杯伝えていきたいと考えます。

強く、優しく、美しく、そして健やかなる成長をサポートします。

さくらさくほいくえんの保育計画

「あわてず個性を伸ばす」

子ども達一人ひとりと向き合った保育計画・指導計画の策定。
それぞれの個性を大事にし、あわてずに個性を伸ばしてあげる事。それが子ども達の成長を促すと考えます。

さくらさくさくほいくえんの食育

「食べる事が生きる事」

子ども達の成長過程において「食」がとても重要であると考えます。
全ての園で栄養士が策定したメニューで園内調理を行っています。
季節の食材をふんだんに使い、直接食材に触れたり行事食を行ったり、食への感謝と楽しみを伝えていきます。